「今の時代はこういうキャリアを歩むべき」

そんな主張はどの時代も行なわれてきたと思いますが、今の時代ほどさまざまなキャリアを歩めるようになり、その主張が人によって違う時代はないように思います。


会社員

フリーランス

起業家

パラレルワーカー

という様々な働き方が存在し


大企業

中小企業

スタートアップ

という関わる企業の幅も豊富


都心か地域か

はたまた海外か

というフィールドの選択も増えてきています。


その状況に合わせて、昔は大企業で出世していくことが輝いて見えたように、今の時代における「イケてる」概念が変わりつつあるように感じています。


そこで、それぞれ違った道を歩んでいる30歳前後のWasei Salonメンバーで、「今の僕らにとってイケてるキャリアとは何なのか?」について考えていきたいと思います。


地域へ移住し働くこと

スタートアップへ挑戦すること

フリーランスとして独立すること

そんなアクションを起こしてきたキャリアマイノリティの僕らはどうキャリアを捉えているのか?そんなことを考えいきます。



▼こんな話をする予定です(仮)

・これまでのキャリア分岐点で考えていたこと

・僕らにとっての”イケてるキャリア”とは?

・一歩踏み出したことで起こった変化は?

・これから歩んでいきたい、自身のキャリア像

・その他

※あくまでイメージです!



▼登壇者

木津 歩


1992年2月生まれ。大学卒業後、建設業界で働いたのち、フリーランスに。独立後は、国内各地に約1ヶ月ずつ暮らしては引越す『居候男子』の活動を通じて、さまざまな地域の取り組みを見てまわる。2020年1月から、映像制作グループの事業開発部に参加。"Local Liaison"という肩書きで石川県珠洲市に単身常駐し、新規プロジェクトの企画・進行を行っている他、個人でも国内各地の地域プロジェクトに関わっている。


Twitter:https://twitter.com/ayumukizu



若月 翼


株式会社ookami所属。スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」のマーケティング/コミュニティマネージャー。Private→Wasei Salonコミュニティマネージャー。


Twitter:https://twitter.com/wakatsubasa



長田 涼


スポーツ大学を卒業後、ユニクロ→スポーツイベント会社→IT企業を経て、2018年にコミュニティフリーランスとして独立。これからの働くを考えるオンラインサロン「Wasei Salon」、コミュニティ型まちづくり「渋谷をつなげる30人」のコミュニティマネージャーを務める。また、「NPO法人グリーンズ 」のコミュニティ事業、オンラインカウンセリングサービスを提供している「cotree」、WEB面接プラットフォームを提供している「ZENKIGEN」にも関わっている。好きなのは銭湯。


Twitter:https://twitter.com/SsfRn


※その他Wasei Salon運営メンバーも参加します!



▼タイムスケジュール

20:00 挨拶
20:05 自己紹介タイム
20:20 Wasei Salonの説明
20:30 トークタイム
21:00 質疑応答
21:20 チェックアウト
21:30 終了



▼会場

zoom
※URLは申し込みした後、このページからご確認いただけます



▼定員

30名



▼参加費

500円



▼主催

Wasei Salon

https://wasei.salon/about