先日、「Twitterに書けないつぶやき、始めます」という記事を、サロン内限定公開で更新してみました。

今日はその記事を全体公開にしつ「実際に始めてみてどうだったのか?」というところを書いてみたいと思います。

全体公開した記事のURLはこちら。

Twitterに書けないつぶやき、始めます。 | Wasei Salon

ーーー

実際にやってみてどうか。

結論から言えば、とってもおもしろく感じています。始めてみて本当によかったなあと。


自分の中で、なんとなくモヤモヤしていること。

けれど、ちゃんと文脈や人柄を理解してもらえないと、ネガティブに捉えられてしまいがちなこと。

もしくは、まだまだ仮説段階のこと。

公の場で発言してしまうと、余計な誤解を与えてしまいそうなこと。

そんなことを淡々と書き込める場所になってきているような気がします。

ーーー

きっと本来の会話って、そんなふうにゆっくりと対話しながら進んでいくはずで。

特に「腹を割って話す」という状況は、そういう対話なしでは、絶対に起こり得ない。

一見ドキッとするような内容であっても、よくよく話を聞いてみると、「あー、なるほど!それは確かに一理ある」というような。

でも現代はそうやってお互いに理解し合えないうちから、ドンドン拡散されてしまいますよね。(ブログやnoteなども含む)

文脈を共有していないひとが、それだけの情報で判断してしまい、横やりを入れてくるという状況が散見されます。

そんな状況が全く起きない場をつくれていることは、純粋にとても嬉しいことだなあと。

実際、一番熱心に取り組んでくれているサイボウズの藤村さんも、普段の藤村さんとはまた違った一面が見えてきて、とても興味深く読ませてもらっています。

本音と建前の使い分けがとても上手な方だからこそ、一番本音に近い部分の知れるのは、とっても嬉しいことだなあと。

ーーー

新しい可能性を秘めた場所を、またひとつ見つけたような気がします。

これからも、焦らずゆっくりと耕していきたい。

これを読んでくれているWasei Salonメンバーのみなさんや、これからこのサロンに入ってみようかなあと思っている方々にとっても、新しい発信の場所になっていったら幸いです。