最近つくづく思うのですが、ビジネスにおける成功と、本人の能力や努力、勤勉さとは一切関係ないのだなと。

これは、「灯台もと暮らし」を通じてさまざまなひとを取材してきたり、「Wasei Salon」の中で色々なひとたちの「働く」に関する悩みを見聞きしたりする中で、本当に強く感じていることの一つです。

「なぜ、この一見不真面目そうに見えるひとがこれほどまで成功しているのか?」

「一方で、なぜこんなに真面目そうで努力しているひとがずっと報われないままなのか?」

不思議に思う場面は多々ありました。

ーーー

この疑問は、歴史を眺めてみるとその答えがハッキリと見えてきます。

歴史の中での成功要因を分析していくと、大抵の場合は、たまたまその時代に生まれて、たまたまその土地(身分)に生まれたからなのだとわかります。

どれだけ優秀な武将であっても、時代と土地(身分)が少しでもズレていたら成功していなかったという人物は山ほどいるでしょう。

ーーー

「じゃあ、努力なんかはやめて、黙って自分の運命に従えということなのか?」

いいえ、そうではありません。

先人たちの必死の努力のおかげで、現代を生きる僕たちは、誰もが身を置く場所も、攻めるタイミングも自由に選べるようになりました。

だからこそ大切なことは、どうやってその場所とタイミングを見極めるのか?です。

それが正しく理解することさえできれば、自然と成功できるわけですから。

ーーー

でも、それがわかれば苦労しないですよね。

そしてその方法にきっと答えなどは存在しません。

ただ一つだけ言えることは、無闇矢鱈と情報をかき集めてみても、より心が乱されるだけだということです。

これは、自分自身の経験を通してみても、ハッキリと実感しています。

そして、これも不思議なことですが、規則正しい生活と自己との対話を何度も繰り返すことで、初めて高解像度で世の中の流れと自分が身を置くべき場所が見えてくる。

つまり、以前書いたような「八正道」がとても大切になってくるわけです。

参照: 
https://wasei.salon/blogs/b8181724d50e

今こそ八正道。

鳥井弘文
05/15 09:44


ーーー

「なんだ、一周まわって結局、勤勉で真面目なひとが成功するのか」そう思われる方もいるかもしれません。

たしかに、外形的にはそう見えるのですが、それはこの「場所」と「タイミング」を見極めるためにこそ必要な行為だったのです。

この事実に気づくまでに、僕はとても長い時間を要してしまいました。

ーーー

以下、今日の要点をまとめましょう。僕の仮説はこうです。

1.たまたま場所とタイミングが良かったひと。
→偶然成功する。

2.真面目で勤勉だけど、場所とタイミングが合っていないひと。
→いつまで経っても成功しない。

3.情報ジャンキーで、時代に振り回されているひと。
→常に時代の後追いとなる。おこぼれ程度の成功しかできない。

4.真面目で勤勉な態度で日々暮らし、常に場所とタイミングを見計らっているひと。
→大成功をおさめる。

このように分けられるのだと考えます。

今日のお話がいつもこのブログを読んでくださっているみなさんにとっても何かしらの参考となったら幸いです。