昨夜の「もとくらの深夜枠」は、hyphen,が配信してくれました。

その配信現場で観覧しながら思ったことを、今朝ツイートしてみました。

https://twitter.com/hirofumi21/status/1166165678941827072

それぞれが「純粋な好奇心から生まれる得意」でチームに貢献し合って、ちゃんとお互いの存在を認め合えると、未知なことにも挑戦できる、その勇気を持てるようになるんだなあと。

チーム内の誰の得意でもなかったとしても、「とりあえずやってみるか!」という雰囲気がチーム内に生まれてくる。

なぜなら、「たとえ何が起きたとしても、自分の居場所はここにある」と互いに信じ合えているからなのだと思います。

だから未知なことであっても全力でチャレンジしてみて、「本当に大切なことってなんだろう…?」と、さらに新しい学びを得て、それを深めていこうという意欲も生まれてくる。

ーーー

結果を求め合う関係性だと、これは不可能。

結果を出すことが、自分のチームの中での「役割」であり、「居場所」の根拠になっていますからね。

未知なこと、まだまだ未熟なことにチャレンジするということは、それすなわち「自分の居場所がなくなること」を意味するわけです。

やっぱり、何度もこのブログで書いてきた通り、「結果でつながらない関係性(チーム)」が大事だなあと思います。

参照:相手を信じる自分を信じろ。いまの僕らに必要な心の態度。 | Wasei Salon

ーーー

「純粋な好奇心から生まれる得意」で貢献し合う関係性がしっかりと出来上がっているからこそ、未知なことにも挑戦できる。

昨夜のhyphen,の配信を観ながら、そんなことを学ばせてもらいました。

彼らがこれからどう変化していくのか?本当にものすごく楽しみです。

これからも全力で見守っていきたいなあと思います。

昨日のライブ配信のアーカイブも、ぜひ観てみてくださいね。

https://youtu.be/dW6PdVePyBo


いつもこのブログを読んでくださっている方々にとっても、今日のお話が何かしらの参考になったら幸いです。