先日、SUSONOのゲストに東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授の伊藤亜紗さんが来てくれました。


https://twitter.com/hirofumi21/status/1195313864587411456?s=21

伊藤さんのお話は本当におもしろくて、イベントは11月15日だったのに、その日に書いたメモを今でも毎日のように読み返しています。

その時書いたメモのひとつに、

「盲目のひとだけが住む世界があったら、所有という概念が変わる。」

というメモがあります。(※僕の意訳も含む)

具体的には「身のまわり」という概念(感覚)がなくなるというのです。

この話を聞いたとき、実におもしろい考え方だなあと思いました。

ーーー

出張するたびに、自分の持ち物を眺めながらパッキングリストを作るのですが、いつも持っていくのは、身につける洋服のみ。

実際、それで事足りてしまいます。

本当は、洋服さえもシェアで構わない。

実際、寝巻きはホテルのものを使っているわけですからね。

ーーー

見えるから「これは誰のものなのか」に対してこだわり出す。

そして奪い合い、憎しみ合う。

だから本当は、「所有」なんて概念は早めに捨てたほうがいいんですよね。

以前も書いたように、「自我のまわりに、自分が所有する世界をつくるから苦しみが生まれる」わけだから。

参照:‪道理を学びながら、ルールを知る。 https://inkyodanshi21.com/blog/14651/ ‬

今年は、「所有」について、本当によく考える一年でした。

以下、これまでに書いてきた「所有」に関する記事。

ぜひ合わせて読んでみていただけると嬉しいです。

【関連記事】

‪モノを長く大切に使い続けるべきは本当か? http://inkyodanshi21.com/lifestyle/9887/ ‬

‪ものさえ、ものとして扱わない。 https://inkyodanshi21.com/blog/14525/ ‬

‪物欲は好奇心で、所有欲は執着心。 | Wasei Salon